読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

過去の私があったからこそ今の自分がある。失敗が一番の教訓。

断捨離を進めていくとき

湧き出てくる自分に対する疑問。

 

「なんでこんな物を買ったんだろう」

 

「何でこんなボロボロの服を取っておいたんだろう」

 

「っていうか、これ何に使うコード…??」

 

 

情けないやら呆れるやら

自分の「捨てる」判断力の無さに

がっかりしました。

 

 

そして自分で買ったものではなくても

クローゼットを占領している謎の「モノ」達。

 

もらったは良いけれど

この家に引っ越してきてから

一度も開けていない箱。

 

お下がりでいただいた趣味じゃない服。

 

両親からもらったけれど

出番のないタオルや食器。

 

数を挙げればきりがないくらい出てくる不用品の山。

 

そこに「モノ」があることは知っていたけれど

見て見ぬふりをしていました。

だってその方が都合がいいから。

 

過去の自分にがっかりするほど、自分は変われる!

f:id:tydy4fife:20170129081340j:plain

 

過去の自分のダメな部分を実感すればするほど

その分の瞬発力は大きい。

 

だってもう

その時のような自分には戻りたくないから。

 

私の場合、過去(学生時代)汚部屋と呼ばれる

部屋に住んでいた時代もあります。

 

社会人になってからは

掃除に関しては少しマシになったと思っていたけれど

共働きの育児家庭になってから、

その状況に甘えてだんだん家にモノが溢れるように。

 

はっきり言って、半年前の自分

半年前の家にはもう戻りたくない。

 

そう思うからこそ、今気持ちよく

「捨てる」判断や

心地よい部屋を保つための掃除をすることができる。

 

何事も自分で経験しないと身にならない。

 

 

過去の情けない自分を認め

これからの生き方に活かしていきたい。

そう思います。