読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

断捨離で捨てたもの。売ったもの。手放したいけど手放せないもの。【家具編】

断捨離を始めてから半年以上が経過。

家の中が少しずつですがシンプルになってきています。

 

気が付いた時にはクローゼットや収納に

入りきらないほどあった「モノ」。

 

この約半年で何を手放したのか

逆に手放せないものは何なのか

今回は家具バージョンで振り返ってみることにします。

 

★電化製品編はこちら↓↓

tydy4fife.hatenablog.jp

 

捨てたもの(すべて粗大ゴミ)

 

①ガラストップのサイドテーブル

②CDラック×2 

③旦那専用収納BOX

④子供のおもちゃ用収納

⑤文房具や書類を入れていた4段ケース

⑥衣装ケース(大)

 

子供のおもちゃ用収納以外はすべて旦那の持ち物でした。

私と子供が使っていた収納BOX等をカラにして

旦那の持ち物をそこへ移動。

空いた収納は全捨てしました。

スッキリ!!

 

メルカリで売ったもの

 

なし

 

 

家具はほとんどが粗大ごみ。

メルカリで売ることはありませんでした。

 

というのも、大きいので送るのが面倒だったり

そもそも売れるほど値打ちのあるものではないものばかり。

迷うことなくゴミとして処分することを選択しました。

 

 

手放したいけどまだ家にあるもの

 

①使っていない座卓  → 旦那が「捨てない」と言う

②ソファ → 上に同じ

③本棚  → 上に同じ 

④可動式収納 → あと少しで処分予定

 

 

本棚は中身をすべて整理して

クローゼットに収まる量にするのが今年の目標。

本棚がガラガラになれば手放す気にもなるでしょう。

 

④の可動式収納はこんなかんじで

f:id:tydy4fife:20170301130124j:plain

 

加湿器を上に置いているので

加湿器が不要な季節になったら断捨離予定。

 

湿気カモン!!

 

大きいものを手放すと、断捨離のスピードがアップする

 

これはよく言われていることですが

本当にその通り。

 

大物を手放すと、目に見えて家の中がスッキリしますし

もっと片付けよう!という気持ちになれるんですよね。

 

しかし、手放すまでがとても面倒に感じるのも事実。

数々のハードルを超えなければ手放すことは出来ないのが

大物家具の宿命。

 

 

ちなみに私の住んでいる自治体での手続き方法はこんな感じ。

 

①ネットか電話で粗大ごみの回収予約し予約番号を取る

 

②粗大ゴミ処理料のチケット(シール)をコンビニで購入

 

③チケットに予約番号を書き、貼りつける

 

④回収予約をした日に粗大ゴミ置き場に出す

 

普通ですかね。

でも普通にゴミを出すのと違って

面倒くさいスイッチが入るポイントがたくさんあります。

 

まず電話かメールで予約が必要。

 

 

うん、最初からもう面倒。

 

 

重い腰を上げ何とか予約をしたとしても

コンビニでチケットを買わなくてはいけない。

忘れて前日の夜に買いに走ったことも。

 

そして最大の難関。

重い家具をゴミ置き場まで運ぶ。

 

書いているだけでも面倒です。

私はいつも旦那の力を借りましたが

一人暮らしの女性なんかだと本当に大変ですよね。

 

また、車を所有している場合は手っ取り早く

まとめて処分場へ持っていってしまう方法もあります。

ただし、事前予約が必要な場合もありますので

自治体に問い合わせてから持っていってくださいね。

 

「買うは簡単、捨てるは難関」

家具の教訓です。

 

買う前に考えよう。そして一つ買ったら一つ手放す。

f:id:tydy4fife:20170301131109j:plain

 

生活をしていく上で必要な家具。

お気に入りの家具を持つことは

毎日を楽しく過ごすためにも大切なことです。

 

でも、家具に場所を取られ

人が生活する場所が狭くなってしまうとしたら

家具の量を調整する必要が出てきます。

 

1つ1つが大きなものだからこそ

本当に必要なものなのか、ただ欲しいだけなのか

じっくり考える。

 

買うことに決めた場合は、何か一つ手放せないか考える。

そうやって、家具としっかり向き合い

決断していかない限りは

部屋が広くなることはなく、

快適な空間を作っていくことも難しいでしょう。

 

我が家ももう大きな家具を買うことはしばらくありません。

それよりも手放したいモノを先に何とかしなくては。

 目標は、備え付けの収納以外の収納家具を0にすること。

※クローゼットの中に収納ケースを入れるのはOK

 

私だけのものではないのでハードルは高いです。

でもだからこそやってみなければ。

達成したときの爽快感を思い浮かべると

ワクワクしてきます。

 

限りのある居住スペースだからこそ

工夫と日々の断捨離で

広く快適な暮らしを作っていきたいですね。