読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

ソファーの毛玉を一掃!ワントーン明るい清潔感あふれるソファーに変身。

毛玉取りのまめしばと言われ早5年。

 

衣類や雑貨の毛玉を見つけては

愛用の毛玉クリーナーで処理を行い

見た目の小奇麗さを保つことが

楽しみの1つであるマニアックな私。

 

tydy4fife.hatenablog.jp

 

やはり活躍の場は「冬」が多いですね。

 

ニットのセーターやカーディガン

手袋、マフラーはもちろん

ニットのトップスと擦れることが多い

パンツやコートも毛玉ができる代表箇所です。

 

あとは、白物やタオル類と一緒に

洗濯してしまった多い濃い色の衣類。

素材によっては毛玉が多くつきます。

 

子供たちのズボン類がまさにそれ。

濃い目の色だと毛玉が目立って

みすぼらしいんですよね。

 

 

そんな毛玉ちゃんたちは

日々の家事の中で細々と対応しているのですが

数ヶ月に1度、やっつけなければならない

大物がいるのです。

 

それがこの子。

リビングに陣取っている

ファブリックソファ。

 

今回この子の毛玉取りを実行しました。

 

毛玉を取るだけで、新品に近い輝きを取り戻せる

 

f:id:tydy4fife:20170315163815j:plain

 

 

我が家のソファーはKEYUCAで購入した

ゆったりめの肘付き2人掛け。

 

皮ではなくファブリック製のため

どうしても毛玉ができます。

 

毛玉を取る範囲もなかなかの広範囲。

5分10分では終わりません。

 

先日、いい加減ソファの毛玉の多さに

我慢ができなくなり

急遽、毛玉取りを決行しました。

 

 

ハンディタイプの毛玉クリーナーでは

一度に取り切れる量には限度があります。

 

何度もクルクル当てていかないと

全部の毛玉は取れません。

 

それでも、憎き毛玉のため。

 

かけました。かけました。

 

 

 

 

30分ほどかかったでしょうか。

 

遠目からだと毛玉がわかりにくいので

アップで撮影した比較写真がこちら。

 

★ 毛玉あり


f:id:tydy4fife:20170318131917j:image

 

★毛玉なし

 
f:id:tydy4fife:20170318131935j:image

わかりにくいかもしれませんが、

灰色の毛玉に覆われていたソファ。

 

その毛玉を取り去ることで

元の生成ベースの明るい色が出てきました。

 

心なしか部屋も明るく、清潔感が出ています。

 

地味ではありますが、大物をやっつけた達成感に満たされ

旦那からの「あ!毛玉がない」の言葉を待つことにしました。

 

しかしながら旦那帰宅後

待てども待てどもその言葉がありません。

 

 

 

しびれを切らし、私から報告。

 

私「見て!ソファー。

 綺麗になったでしょ♪」

 

 

旦那「気づいてたよ。でも

 

毛玉取りすぎると

生地が薄くなって穴空くから

取りすぎには気を付けて

 

 

 

 

そこかーーーーーい!

 

 

 

 

気にするところそこかよ!

と心の中で突っ込み。

 

言葉で表すのは難しいんですけども

気にする箇所の違いに

もやっとしたというか。

 

毛玉だらけのソファーカバーのまま使い続けるより

毛玉処理によって穴が開いたら

新しいソファーカバー買えばいいじゃないと

私は思うんですけどね。

 

もう、話し合うのも面倒だったので

スルーしましたけど。

 

夫婦でもモノに対する価値観が違うので

こんなことで怒っていても仕方ない。

 

私は一つ一つの持ち物を

丁寧に、綺麗な状態で使っていたいので

旦那が何と言おうと

毛玉取りは継続していく予定です。

 

もう、旦那に感想は求めず

私の自己満だけで毛玉処理に勤しむことにします。

 

いつか、私の毛玉処理が

家族に感謝される日が来ると信じて

毛玉取り活動を地味に継続していきたいと思います。