読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

呪いの言葉からの解放!長年使用していた高スペックPCを断捨離。

私が以前持っていたPCは

DELLのノートパソコン 。

 

個人で使用するのにも関わらず

スペックは当時のIntelで最も頭の良い子だったCPU

OSもVistaのプロフェッショナルで

Officeもプロフェッショナルという

完全武装したPCを所有していました。

 

当時、PCを購入するにあたって

不安要素を取り払おうと

できるだけ良いスペックのものを買おうと

必死になっていた私。

 

でも使う用途は、ネットサーフィンや

ネットゲーム、offficeを使用することなんて

年に数回というものでした。

 

そんな使い方だったのにもかかわらず

 

「本当にこのスペックで大丈夫だろうか」

「あとからメモリを追加する必要が

出てくるんじゃないか」

といった不安は尽きませんでした。

 

今考えると、何にそんなに不安になっていたのか

よくわかりませんが、

「高い買い物なので、しばらく

買い替えなくても使い続けたい」

という、モノに執着した考えに

取りつかれていたのだと思います。

 

そのPCを手放したのは

結局断捨離を始めてしばらく経った

今年の1月のこと。

 

20万円弱で購入してから

10年が経過していました。

 

結局最後の3年ほどは

PCの劣化による速度低下にイライラし

ほとんど使用することもなく、ただ

「持っている」だけでした。

 

それでも捨てられなかったPC。

手放した後の爽快感は

本当に忘れられません。

 

とらわれていた期間が長ければ長いほど

手放した時に自分の中で

大きな変化が起こるんです。

 

買ったときの価値は忘れること

 

f:id:tydy4fife:20170319083349j:plain

 

 

私たちを縛り付ける

呪いの言葉。

 

 

「高かったから」

 

 

この言葉にとらわれ

断捨離できないものが

どのくらいあるでしょう。

 

電化製品

 

ブランド物のバッグ、服

 

アクセサリー

 

 

私もたくさんありました。

しかし、ゆっくりでも

一つ一つ手放していくと

自分がどんどん身軽になっていくのを

感じることができます。

 

それは実際にやってみた人にしかわからない感覚。

ぜひたくさんに人に感じてほしい。

 

モノはあくまでモノ。

モノに囚われるのではなく

モノと上手に付き合って、

心も軽く生きていけたら最高ですね。