読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

急に入った片付けスイッチ。3袋分のゴミを捨てました。

なぜか急に、片づけがしたくなるときありませんか?

私はあります。

 

そして、まさに昨夜。

 

「そろそろ羽毛布団を薄めのタイプに替えようかな~」

 

と思ったのがきっかけで

使っていない寝具やら衣類が

気になり始めてしまったのです。

 

やはり「捨て」対象になりやすいのは布類。

洋服・タオル・シーツなどなど。

 

クローゼットや衣装ケースを掻き回し

使っていないもの、もう使いたくないものを

どんどん出していきました。

 

すると、どこに入っていたのやら

45Lのごみ袋3つ分がゴミになりました。

 

カラー画像だとごちゃごちゃ見苦しいので

モノクロに加工しました。

 

f:id:tydy4fife:20170405125217j:plain

 

 

内訳はざっくりこんな感じ。

 

 

お客様用の掛け布団(薄手)

ファスナーで止めるタイプの敷シーツ

4年前に買った夏用の冷却敷シート

何かあった時のためのバスタオル(予備)3枚

子供のお食事エプロン(予備)3枚

子供の口拭きタオル(予備)3枚

まだ使うかも?と取っておいたミニカーペット

メルカリ出品中で売れ残っていたもの 10点

その他家庭ごみ

 

 

並べてみると、「予備」が多いですね。

お客様用とか、何かあった時のためのものって

本当に使わない。

 

 

もし仮に出番が来たとしても

それは年に1度あるか無いかのこと

普段の生活で使うことは「無い」ものばかり。

 

そのために貴重な収納の1部が

陣取られるなんて、本当にもったいない。

 

自分が使わないものの場所代に

家賃やローンを払っているなんて。

 

断捨離によって出来たスペースはそのままに

f:id:tydy4fife:20170405133514j:plain

 

 

今回の断捨離によって

寝具を入れていたクローゼットの窮屈さがなくなり

少し余裕ができました。

 

昔の私だったら

「場所が空いたから、何か入れよう」

と思っていたはず。

 

でも今の私は、あえて

余白を埋めることはしません。

 

 

なぜなら

 

部屋に余白ができると

気持ちの余白もできる気がするから。

 

 

限られたスペースに住んでいる私たち。

 

年に1回あるかないかの出来事のためではなく

普段住んでいる家族みんなが

快適に過ごせることが第一。

 

まだまだモノが多い我が家。

少しずつ、そんな家に近づけていきたいですね。