読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみたら?  -シンプルライフへの道ー

子育て中でもシンプルに★断捨離を続けて日々変化中

旦那の断捨離★ごみ袋2つ分の衣類を手放しました

物持ちが良い私の旦那。

そんな旦那の衣類を45Lのごみ袋2つ分手放しました。

 

きっかけは夫婦で使用していた洋服ダンスを整理し

私の衣類をクローゼット内の衣装ケースに移したこと。

 

洋服ダンスで私が使用していた部分が丸々空いたので

各所に散乱していた旦那の持ち物を

箪笥にひとまとめにして欲しいとお願いしたんです。

 

今使用している洋服ダンスは

お値段以上のお店で購入したもので

 

小さい引き出し2段×2

大きな引き出し4段の計6段もある

そこそこ大きなタンスです。

 

高さも150cm位あるんですよね。

 

 

私はこのタンスの

右上2段と真ん中の2段を使用していました。

その中身を全部移動させたのです。

 

f:id:tydy4fife:20170309082613j:plain

 

すでに入りきらない旦那の衣類が

タンスの上に乗ってます。

 

この中に旦那の衣類が全部入りきらなかったら

その分は捨ててもらおうという野望を胸に

土曜日の午後に優しく声を掛けました。

 

自分では気が付かない「捨て」視点とは

f:id:tydy4fife:20170410112615j:plain

 

一緒に衣類の見直しを始めたところ

出てくる出てくる。

 

明らかに「捨て」の衣類の山。

 

 

 

くつ下は擦り切れて穴が開きそう

 

 

トランクスのウエストゴムが伸びきって

ゴムの役割を果たしていない。

 

 

肌着用の白Tは黄ばんでいるものもあり

生地が薄くなりすぎてスケスケだったり。

 

 

毛玉だらけのフリース...。

 

 

 

 

書いていてちょっと

怖くなってきました。笑

 

 

 

旦那は「まだ使えるよ!」と主張していたけど

妻帯者である以上、会社の女性社員の目が

気になるのは当たり前のこと。

 

 

「おいおい、旦那の靴下くらい

    ダメになる前に買ってやれよ」

 

「そんな透けてるTシャツ、いつまで着てんだよ」

 

「そのTシャツ、クリーム色ですか?」

 

 

 

そんな声が聞こえてきそうです。

だって私も見てますから!

会社の男性社員の身だしなみ。

 

「妻」の立場としての私の意見を伝えたところ

「まめしばが恥ずかしいなら捨てる」

と潔い一言が。

 

 

あぁ!言ってよかった!!

 

 

 

 

自分は良くても周りの人が不快だとわかると

旦那の「捨て」スピードもアップ!

 

 

もらいもので着ない服や

とても外に着ていけないノベルティのTシャツ

10年以上前に履いていたというピンクの半ズボンなど

「まだ着られるけど着ない」モノも

続々手放し始めました

 

ちなみに普段旦那はスーツではなく

Gパンにシャツというラフな服装で通勤。

スーツを着るのは年に2.3回です。

 

それなのに、スーツが6着もあり

ハンガーラックを圧迫していたので

「今ならいけるかも!?」と思い

 

「スーツも今ほとんど着ないし

1着か2着減らしたらどう?」と提案。

ちょっと悩んだものの、見事1着手放す決意をしてくれました。

 

 

その甲斐あってか

旦那の不要な衣類を

こんなにも手放すことができました!

 

f:id:tydy4fife:20170410103245j:plain

 

お見苦しいのでモノクロで。

そしてゴミではなく新品の不用品は

メルカリ出品用にいただくことができました。

 

何とか入りきった旦那の衣類。

タンスにひとまとめにしたことで

自分の衣類の総量を把握できたようで

少し量が多いということも理解できた様子。

 

①このタンスに入らなくなった時は

「捨て」のタイミングであること。

 

②収納はパンパンに入れず

7割収納を心がけること

 

この2点をお願いし、今回の断捨離は終了となりました。

衣類が減って、旦那もちょっとすっきりした様子。

 

スーツのほかにもジャケット等を

4枚ほど手放したため

ハンガーラックも風通しが良くなりました。

 

これから湿気との戦いの季節がやってきます。

欲を言えば、旦那の衣類もあと3割は減らしてほしいところ。

でも今年の梅雨は、去年に比べ

だいぶスッキリと過ごせそうです。